資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

時代が変わっても専門性へのニーズは変わらない!

最近では、社会人で資格に挑戦する方がぐんと数を増しているようです。

社会人として一旦会社に入ってしまえば、ひと昔前であればそれでもう安泰。終身雇用が当たり前だった時代には、あえて資格に挑戦して「転職に備えよう」とは考えません。

しかしながら、昨今ではこうした状況が確実に変化しています。

なぜ、社会人は資格を受験するのでしょうか?その背景を考えてみたいと思います。

受験者が増加している資格試験

大手資格予備校TACのデータファイルによると、「2015年3月期は社会人層が99,558人(2004年3月期比9.9%増)となった」とのこと。 (参照:TACデータファイルはコチラから

こうした背景には、山一證券の経営破綻、終身雇用の崩壊といった不安定な経済情勢があるようです。

「大手と言われる会社に入っても、決して安心はできない」、こうしたある種の危機感こそが、今や社会人の資格受験を当たり前のものにしています。

資格といえば、好景気時に流行るもの、不景気を背景に受験者数が伸びるものと様々ですが、近年では“転職に役立つ”といった要素のものが注目される傾向にあるようです。

一方で、司法書士や税理士、公認会計士といった士業については2005~2014年の間に受験者数減に推移しており、リスクの高い独立開業系資格は敬遠される傾向にあると言えます。

知識が多いに越したことはない!

ひとたび就職した社会人であっても、いつ何時、勤務先がどうなるか分からない時代です。そのために、収入源を一か所に絞るという従来のスタンダードは、もはやリスクの高い生き方となりつつあります。

これからの時代、収入を得る糧は数多く確保しておくに越したことはないでしょう。そのためにも、社会人であっても資格を取得し、常に自己のスキルアップを目指す努力が不可欠であると言えそうです。





Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集