資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

就職・転職に有利な資格ランキング

宅地建物取引主任者

今回の4資格の中で最も就職・転職に有利なのが、宅建です。別ページでも紹介したように 不動産業をはじめとして住宅メーカー、建設関係では必要不可欠な資格となります。 現状の職場で、昇格、昇給する際にはもちろんですが、この不景気な世の中ですので、 万が一リストラ、倒産がないともいえません。 そんな時に宅建の資格があれば、転職に有利ですし、もしくは現在学生で、就職の為に、 資格を取得すれば、ライバルに差をつけれることは間違いありません。 しかも実際には、現場でまだまだ不足していると言われていますから、自分の将来に 向けて受験を検討しても決して損はないと思います。

社会保険労務士

社会保険労務士は、どちらかといえば独立開業型の資格ですが、企業に勤めて、 その専門的知識を活かしている方も多く存在します。 企業にとって労務関係の仕事は必ず必要で、仕事の需要もあり、比較的優遇されやすいことも この資格の特徴でもあります。 しかし、資格のメリットを最大限活かすならやはり、最終的には独立開業を目指すべきでしょう。社会保険労務士は自宅で開業できるので、他の仕事では考えられなくらいの低予算で独立できます。 上手くいけば普通に勤めていては、まずもらえないくらいの年収に加え 全て自分のペースで仕事が出来るので、会社員の時のようなストレスも少なくなります。

司法書士

この資格も独立開業型です。資格を取得すればすぐに開業して司法書士として働くことが出来ますが、何か特別な人脈がない場合は、まずどこかの法律事務所に勤務して、経験を積みながら、 将来クライアントになってくれそうな人脈作りをするほうが良いかもしれません。

司法書士に限ったことではありませんが、特別なパイプや経営戦力がない限りすぐに独立して、 生活していくだけの収入を得るのは厳しいものがあります。 特に司法書士は取り扱える業態が狭いため、はじめは中々上手くいきません。 ですから、まずは被雇用者として働いてみるのがオススメです。 今は、各事務所から司法書士の求人も多くあり、働くチャンスはたくさんあります。

第4位 行政書士

行政書士は明らかに独立開業型の資格です。法律系の事務所で働く選択肢もありますが、 この資格を取得したからには独立して、高収入を得ることを目指すべきだと思います。 メリットは社会保険労務士同様、低予算での開業ともう一つは仕事の幅が広く、 年収を上げられる可能性が高いことです。

私の個人的な意見では、この4つの中で一番オススメの資格です。 司法書士のように現状を全て捨て、受験に望むにはリスクが高いですし、宅建を取得して、 独立を目指しても資金が必要になります。 社会保険労務士もオススメですが、司法書士より試験は簡単でも行政書士より若干難しい、 そう考えれば今資格取得に迷っている人は行政書士を目指しても良いと思います。

最後に

今回紹介した資格は、どちらかといえば独立開業型を中心にピックアップしました。 何故なら、一昔前のように会社に就職できたからといって安心できる時代ではありません。 これからますますその傾向が強くなるでしょう。 いつリストラに合うかわからない、勤め先が倒産して明日から無職になるかもわからない。 このような不安を抱えながら日々の生活を行っている人も多いはずです。 もし、あなたが急に職を失えばどうしますか? この不景気です。すぐに職を見つけるのは難しいでしょう。そんな時にドタバタしても、 遅いのです。今のうちからしっかりと準備をしなくてはいけません。 その準備の一つが資格取得です。 これからの厳しい時代生き残っていくには、「独歩力」が求められてくると思います。 「独歩力」は言葉そのままの意味で、一人でも歩いていける力です。 会社に寄りかかっていなければ生きていけないのでは、この先不安と戦いながら生活しなければ なりません。 しかし独歩力があれば、不景気になろうと、いつ会社が倒産しようと何も心配なく、 安心して生活をして行く事ができます。 今回紹介したのは、その独歩力を付ける手助けをしてくれる資格となります。 今からでもまだ遅くはないので、将来に向けて資格取得を検討して見てください。




Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集