資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

稼げる資格ランキング

行政書士

行政書士の仕事は近所の法律屋さん的なイメージで、顧客からの要望により官公庁に申請しなければならない書類を作成し、代理提出することを主としており、 その内容は、会社設立時や、飲食店の開店する場合、自動車関係など約1万以上の書類を 取り扱えるともいわれています。 行政書士が稼げるといわれる所以がその取り扱える業態の多さです。通常の資格ですと どうしても取引出来る顧客が限られますが、行政書士は企業、個人、業種、職種関係なく幅広く、顧客を獲得できる可能性があるので、やり方によっては、サラリーマンをはるかに凌ぐ 年収を稼ぎ出せます。 年収1000万円以上は数多く存在し、中には億単位を稼ぎ出している行政書士もいるくらいです。 そのくらいの可能性を秘めた仕事になるので、ランキング1位になりました。

社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の各種保険手続きの書類作成や提出、年金の請求手続き、 労務関係のコンサルタント業務を行います。 以前までは保険関係の手続きというイメージが強いのですが、今はそれだけではなく、 社員一人一人の能力を最大限に発揮し、気持ちよく働けるように社内制度を整えることを 専門にする社会保険労務士が増えてきています。

この仕事で稼いでいる人達は、社内に労務関係の専任者がおらず、仕事の手の行き届いていない 中小企業を顧客とし、その顧問料がベースとなっているようです。 行政書士同様、自分で事務所を構え、稼いでいる人では年収1000万円以上も少なくありません。 さらに今は、雇用形態の多様化、不況による雇用状況の悪化で、企業からの相談が後を絶たなくこれからも社会保険労務士としての仕事が求められていくでしょう!

司法書士

司法書士の仕事内容は、不動産登記、商業登記、裁判所に提出する書類の作成になります。 例えば不動産登記で言えば、土地や建物を所有する場合、誰の持ち主か明示する法律的手続きを行います。具体的には、不動産登記に関する書類や金額に関して契約書などの作成になります。 よく、行政書士との違いを聞かれますが、行政書士は官公庁に提出する書類作成、司法書士は、 法務局、裁判所に提出する書類作成が独占業務になります。

一般的には行政書士よりも、より専門的な法律家で社会的ステータスは行政書士より 上かもしれません。しかし稼ぐという意味では、決してそれに比例してきません。 何故なら、司法書士は、出来る仕事の間口が狭いので、顧客になりゆる数が限られます。 しかも資格を取得すれば、司法書士として仕事をしていく人達が多いので、 競合が多く存在します。 それとは逆に行政書士は出来る仕事の幅が広く、意外と試験に合格しても、行政書士として 仕事をする人達が少ないので、マーケットを独占できる可能性があるのです。 この差が「稼ぐ」キーワードでみた時の違いになります。 もちろん司法書士でも高収入を得ている人達は数多く存在します。

第4位 宅地建物取引主任者

宅建は、企業に就職して専門知識を活かすことが多く資格手当てとして5千円~5000万円ほどもらえることもあります。 開業というよりも会社員として活かすことが多い為、稼ぐという意味では会社内のルールに よって変わってきます。契約を取れれば多額な報酬を貰える会社もあれば、 そうでないところもあります。もちろん独立開業する人達もいますが、 そのためには多くの資金が必要な為、誰にでも出来ることではありません。 しっかりと稼いでいる人達は、どうすれば売上を上げることが出来るのか、日々鍛鍛錬しながら、 自分を高めている人達です。そうすれば年収1000万円以上も決して遠くはありません。

ポイント!

このページは稼ぐというキーワードでランキングにしましたが、どの資格にも言えることは、 資格を取得しただけでは、稼ぐことは出来ないということです。 人脈を利用したり、マーケティングの勉強をしたり、そういった積み重ねが年収に跳ね返ってきます。今は、不景気で、以前よりも稼げなくなってきていることは確かですが、 そんな中でも上記の資格を活かして、サラリーマンの何倍も収入を得ている人達は多くいます。 資格を取得するのは稼ぐためのスタートラインにたったに過ぎませんので、 稼ぐためにどうすれば良いか、真剣に考え、行動した人達が最後は勝つということは 確実に言えます。




Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集