資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

資格取得には教材が重要です♪

社会人の資格受験には性格によって向き不向きがあることは確かですが、もうひとつ、合否の行方を決定づける要素として重要なポイントがあります。

それはずばり「教材」。学習に用いるテキストや問題集は、受験生の資格学習に直接関わるツールですから、適当に選ぶわけにはいきません。

ましてや日々忙しい社会人の資格受験においては、効率良く学べる教材かどうかが合否を左右すると言っても過言ではないのです。

社会人の資格受験で選ぶべき教材 10の特徴

これから皆さんが手に取るべき教材のキーワードは、“分かりやすさ”と“続けやすさ”です。具体的にどのようなものを選べば良いのか、その特徴を10挙げてみることにいたしましょう!

1.カラー刷りで明るい

見た目にきれいなテキストは、それだけで明るい気分になれるものです。また、重要なポイントが色分けされ、見やすくまとめられていると、覚えるべき事項が効率良く頭に入ります。

2.図表やイラストで解説されていて分かりやすい

文字だけでは分かりにくいことも、イラストや図、表等でみるとスッキリ理解できることも。

3.一冊一冊が薄型

分厚いテキストを一冊ボーンと置かれるより、一つひとつが科目ごとに分かれているテキストの方が精神的に前向きになれるもの。「コレだけやればひとまずOK」という目安が目に見えて分かりやすいので、やる気を維持しながら進められます。

4.カバンの中でも場所をとらず、コンパクト

社会人の資格受験ともなれば、常に机に向かって取り組めるわけではありません。通勤の電車内やランチタイム等、出先でも無理なく使える教材を選ぶのが得策です。持ち運びのしやすさは、意外と重要なポイントなんです。

5.テキストだけでなく、音声や映像で学べる

テキストのみでしっかり理解できる方は良いのですが、難易度の高い資格になれば講師による解説が必要な学習もあるでしょう。音声や映像で学べるツールは、できれば確保するに越したことはありません。

6.講義映像は画質がクリア

講義映像を活用する場合は、画質にもこだわりを。WEB受講等ではどうしても画像の乱れや音声の跡切れが気になり集中できなかったりするものですが、映像がクリアな講義ならそれだけでモチベーションが上がります。ストレスなく、集中して視聴できる教材を選びましょう。

7.“初学者が一人で学べること”を前提に工夫されている

社会人の資格受験となると、どうしても「通学講座を受講して、分からないことは講師に直接質問」といった王道的な学習が難しいものです。初めての分野についても、一人で無理なく学べる工夫が凝らされている教材なら心強いですね。映像講義なら画面の見せ方、テキストなら解説の詳しさに、顕著に表れるポイントです。

8.インプットとアウトプットにバランス良く取り組める

資格対策のキモは、何と言っても「バランス」。知識を入れるだけでは応用力が身につきませんし、一方で問題集ばかりやっていても知識の抜けが気になります。インプットもアウトプットも適度に取り組める教材を選びましょう。

9.テキストや講義についての疑問を解消できる

資格合格を目指す上で、「疑問を残さないこと」は効率良く学習を進めるためにも、そしてモチベーションを高く維持するためにも重要な要素になります。サポートとして「質問応対」がついているかどうか、レスポンスはスムーズかどうかも、教材選びの意外な観点なんです。

10.「明日も勉強したい」と思える

長丁場となる資格対策を乗り切るためには、最終的にやはりこれが重要です。使っている教材がイマイチ合っていなければ、「またやりたい」とは思えませんよね。口コミやネットの情報を参考に教材を選ぶのも良いのですが、最終的には自分の目で見て納得できるものに決めるのが間違いない方法です。

社会人の資格受験に向け、教材選びの際にはぜひ上記10のポイントを参考にしてみてください!合格がぐんと近づくこと、間違いなしです。





Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集