資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

資格取得にはモチベーション管理が重要

社会人で資格取得を目指すには、確実に向き・不向きがあります。どんなタイプの方が合格しやすく、一方でどんな方が合格しにくいのでしょうか?

このページでは、“社会人の資格受験に対する向き・不向き”について考えてみたいと思います。

社会人の資格に合格できるのは“ポジティブ”で“コツコツ”型

資格受験に向いている人の特徴といえば、もはや社会人であれ学生であれ、例外なく見出しに挙げたタイプの方でしょう。

第一に、ちょっとしたことにくよくよしない性格。この要素は最も重要です。

例えば、社会人であれば仕事や家の都合で、どうしても勉強が予定通りに進まない場合が多々あるでしょう。そんな時、いちいちできなかったことを引きずっていては前に進めません。

多少上手くいかなくとも、できるときにしっかりやろうという姿勢で、実際に勉強に取り組める受験生こそが、資格受験向きであると言えます。

また、一度「やる!」と決めたことに対し、根気強く継続できることもまた大切な要素です。

短期集中型で、やる気が長く持たないようなタイプは要注意。長期戦で目指す資格がまず候補から除外されるため、取得目標に出来る資格が限られてきます。

資格受験は、学生時代の試験対策のような取り組みで対応できるものではありません。中には短期間一生懸命にやれば取得できてしまうものもあるでしょうが、社会人が目指すべき資格といえばどれも相応の準備期間を要するもの。

長丁場の受験生活に耐えうるかどうかは、非常に重要なポイントになります。

これまでの話から、「社会人の資格受験に不向きな人」の特徴をまとめると、下記の通りとなります。

  • ・予定通りにいかないと、その後すべてがなし崩しになってしまう
  • ・一つ上手くいかないことがあると、過剰に悲観的になる
  • ・学生時代に一夜漬けばかりしていた
  • ・集中力が長く持たない
  • ・飽きっぽい
  • ・コツコツ努力するのが苦手

皆さんはどちらのタイプでしょうか?性格は努めて変えていけるはずです。現状、上に挙げた「不向きな人」の特徴に多くあてはまる場合でも、極力自分を変えていけるよう頑張ってみましょう!





Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集