資格 ランキング

このサイトは、人気資格の「難易度」、「稼ぐ」、「就職・転職」のテーマをランキング形式にして、 それぞれの特徴を
現しています。きっと皆様が知りたい
こと、疑問に思っていたことが 解決できることと思います。


 
 

資格は明確な目的をもって取得を目指そう♪

行政書士と社会保険労務士、マンション管理士と管理業務主任者等、実務上関わりのある資格をダブル、トリプルで取得し、がっつり稼いでいるケースは珍しくないでしょう。

とはいえ、これから一つ目の資格を取得しようという皆さんが、これからどんどん資格を取っていかなければ稼げないかといえば決してそうではありません。

資格で稼ぐためには、資格の数そのものを増やすべきか否か。その答えは「資格の数だけで稼ぎは決まらない」の一言に尽きます。

保有資格が多ければ間口は広くなるが、一方で難しさも

ダブル、トリプルで資格を有していれば、単純に考えて「扱える業務が多くなる」と言えます。

よって、ひとつの専門分野にとどまらず、幅広く顧客ニーズに応えることができるというメリットがあります。

例えば司法書士と社会保険労務士の資格を有している場合、会社設立ひとつとってみても、司法書士として設立業務全般に対応した後、社会保険労務士としてその後の人事労務分野を長くサポートできるようになります。

加えて税理士資格も有していれば、税務にも携わることが可能になり、文字通り“ワンストップ”の支援が可能となるでしょう。

このように、有する資格の数が多ければ多いほど仕事の幅が広がるわけですが、当然のことながらその背景には苦労もあります。

とにかく「複数の資格に挑戦する」こと自体が大変なことですし、取得した資格一つひとつについて「高い知識を維持し続けること」だって容易なことではありません。

下手すれば、「2つ目以降の資格を取得できないうえに、既存の資格を活かした業務にも本腰を入れられない」ことにもなりかねません。

これらの点をいかにクリアできるかが、ダブル、トリプルで資格を取得して稼ぐ上での課題となることは言うまでもないでしょう。





Copyright(c) 資格総合ランキング
リンク集